意匠法及び周辺法の現代的課題

社団法人発明協会 2005年刊                            



 

 

 

 

第一部 意匠法

  ・意匠の表現(浜田 治雄)
  ・意匠法上の視覚性について(藤本 昇)
  ・プロダクト・デザインと意匠法(五味 飛鳥)
  ・法目的と意匠の類似(田中 大)
  ・意匠権の本質について(内藤 義三・川岸 弘樹)
   −創作説と混同説の関係について−
  ・「減速機モーター」事件に見る意匠法の理念(加藤 恒久)
  ・意匠の類似範囲−大阪地裁知財部の場合−(村林 隆一)
  ・登録意匠の要部認定と類否判断について(小谷 悦司)
  ・意匠法第7条についての考察(峯 唯夫)
  ・システムデザインの保護のあり方(畠 豊彦)
  ・意匠権の評価−問題点の所在について(田倉 整)
  ・侵害訴訟における意匠権の権利範囲の解釈と立証活動(三山 峻司)
  ・意匠権の侵害と中用権−中用権廃止論−(後藤 憲秋)
  ・ホンダオートバイ意匠権事件の類否判断について(汪 g 鷹)
  ・意匠権侵害の判断基準-日本,米国,欧州,中国の比較法的検討-
   (青木 博通)
 
第二部 著作権法
  ・「美術の著作物」と「美術の範囲に属するもの」の「美術」の語義の相違
   (野一色 勲)
  ・応用美術の保護をめぐる著作権の限界づけと意匠権の保護対象
   (本山 雅弘)
  ・環境デザインと著作権−土木構築物を手がかりとして−(岡 邦俊)
  ・要約引用の許否および要件ならびに同一性−保持権侵害との関係について−
   (三山 裕三)
  ・広告作品と知的財産権トラブル-最近の広告裁判の判決を参考に−
   (梁瀬 和男)
  ・法人名義著作物たるべき著作物の他名義への変更
   -(社)日本著作権協議会の破産による解散を機に−(大家 重夫)
  ・美的創作物の保護-デザイン,著作物,立体商標または不正競争防止法との
   インターフェース-
   (クリストファー・ヒース 翻訳:大西 育子)
第三部 不正競争防止法
  ・商品形態模倣禁止と創作性(光石 俊郎)
  ・不正競争防止法2条1項3号の「同種の商品が通常有する形態」の意義
   (松村 信夫)
  ・商品形態の保護と不正競争防止法2条1項(芹田 幸子)
  ・トレードドレス法理序説−判決例を通して−(生駒 正文)
  ・店舗デザインの法的保護−米国トレードドレス保護と我が国における
   保護の可能性-(三木 茂・井口 加奈子)
  
第四部 パブリシティ権
  ・パブリシティ権と顧客吸引力-裁判例におけるパブリシティ権概念の変遷−
   (三浦 正広)
  ・物のパブリシティ権についての一考察(佐藤 薫)
第五部 キャラクター
  ・キャラクターの商品化に関する実務的な観点からみた問題点
   (鈴木 徳子)
  ・キャラクター・マーチャンダイジングとデザイン保護
   (ハイヨ・イー・リュジュナール 翻訳:久々湊 伸一)
  
第六部 その他
  ・意匠権・著作権と弁理士(岡本 薫)
  ・明治前期の工業所有権法の制定(吉村 保)