デザイン,キャラクター,パブリシティの保護

々社 2005刊                                 定価6,500円



 

 

 

 

 

第一部 デザインの保護(9)

T 意匠法の存在意義

1

インダストリアルデザイン −その美と保護の研究

2

意匠は創作か識別か −舟本説を中心に考える

3

著作権法と意匠法によるデザイン保護の比較研究()

4

意匠の類似について

5

デザイン保護と三つのアプローチ

6

意匠の特殊性と意匠の類否判断

U 意匠法の改正論

1

日本の意匠保護制度のあり方

2

テキスタイルデザインの法的保護

3

意匠法改正の目的は何か

 

第二部 キャラクターの保護(7)

1

ポパイ事件の著作権法学的考察

2

著作権法におけるキャラクターと商品化権

3

連載漫画の原作とキャラクターの絵との関係

4

著作権の成立と保護範囲

5

漫画キャラクターの著作権保護 −キャラクター権の確立への模索

6

著作物の類似概念 −著作権の保護範囲を考える

7

Legal Protection of Character Merchandising in Japan

 

第三部 パブリシティの保護(3)

1

商標法における著名死者の保護 −パブリシティの権利について

2

パブリシティの権利の相続性 −特にその保護期間について

3

競走馬名にパブリシティ権はなぜないのか

 −最高裁平成16213日判決への疑問