C2-4





チーズ本対バター本事件:東京地裁平成13年(ヨ)22090号平成13年12月19日決定(却下)
〔キーワード〕 
不競法2条1項1号・2号、書籍(有体物)と著作物(無体物)、続篇、誤認混同

 
〔事  実〕

 
1. 米国人のスペンサー・ジョンソン氏は、“Who Moved My Cheese?”(「チーズはどこへ消えた?」)という和訳題名のエッセイを著し、ペンギン・パットナム社と出版締結し、わが国では出版権を取得した(株)扶桑社(債権者)が、「チーズはどこへ消えた」と題した門田美鈴の翻訳本を平成12年11月に発行した。
 道出版(株)(債務者)は、平成13年4月に「バターはどこへ溶け た」というディ−ン・リップルウッドの著書を出版した。この本は、「チーズ」が94頁、定価838円と同じ頁、 同じ定価であった。
 これに対し、扶桑社は道出版の出版、販売行為は不正競争防止法2条1項1号又は2号に規定する不正競争行為に当たると主張して、東京地方裁判所にその出版販売等の差止めを請求した。
 これに対して東京地裁は平成13年12月19日、仮処分申立てを却下する決定を出した。
2. 債権者が、債務者の本の出版販売を不正競争行為と考えた第1
の理由は、原作品は米国では1999年度の全米ビジネス書ベストセラー第1位となり、発売後2年間にわたり全米ランキング1位を維持するベストセラーとなっていたこと、国内では債権者が出版権を取得した後、新聞、雑誌、TV、インターネット等を通じて広範かつ集中的な広告宣伝を行い、電車の吊革や車輛内の広告、主要交通機関の掲示板での広告宣伝を展開した。その結果、発売から2か月後にはベストセラー総合ランキング第8位となり、平成13年2月から 毎週ベストセラー総合ランキング第1位を維持し、累計の販売部数は発売後7か月で330万部を超えた。
 したがって、おそくとも平成13年2月頃までには債権者出版物の 書名と装丁(以下、「本件表示という。)は、債権者の出版著作物の商品等表示として「著名」なものとなった(不競法2条1項2号) と債権者は主張した。
 この事件は、本の著作権をめぐる事件ではなく、本の出版販売をめぐる不正競争防止法であることから、債権者はさらに同法2条1項1号の商品等表示の周知性に基づいて、本の 書名と装丁の類似性、 誤認混同性を主張したが、債務者はこれを全部争い、読者が続篇 と勘違いを起こすというのであれば、むしろ広済堂出版の「チーズはここにあった」の方が、その可能性が高いと反論した。
 債務者は、書籍については、そもそも不正競争防止法の適用はおかしく、著作物を問題にするのであれば、専ら著作権法により規律されるべきであると主張した。そして、債務者は、債権者の出版物とは競合関係にはなく、一方の主張を全面的に批判して作り出された本として相互に共存する関係にあるから、債務者出版物の販売が継続しても債権者出版物に何ら悪影響はなく、保全の必要性はないと主張した。
 これに対し、東京地裁は平成13年12月19日、債権者の仮処分の申立てを却下する決定をした。以下は、その理由である。

 
〔判  断〕

 
1 債権者は、「チーズはどこへ消えた?」という債権者出版物の書名及びチーズと人物を組み合わせた絵により構成される装丁が債権者の商品等表示(不正競争防止法2条1項1 号、2号)に当たる旨主張する。
 しかし、上記の書名は丁が原著作物の題名である「Who Moved My Cheese ?」を翻訳し たものであり、同人の創作に係るものとして 、著作物と一体をなすものであるから、債 権者が債権者出版物を出版したことにより、自己の「商品等表示」として差止請求権等の権利を行使できると解することには疑問がある。
2 上記の点はさておき、仮に債権者が本件表示を自己の商品等表示として主張できるという債権者の主張を前提として検討すると、まず、商品等表示の類似性については、これを認めることはできない。その理由は以下のとおりである。
 債権者出版物の書名は「チーズはどこへ消えた?」であり、債務者出版物の書名は「バターはどこへ溶けた?」というものであるが、両者を比較すると共通する部分は「どこへ」と「?」のみである。「どこへ」は「どの場所に」という意味の副詞句であり、「?」は疑問詞であるから、これらは独立した意味を有しない。そうすると、意味のある部分は「チーズ」と「バター」、「消えた」と「溶けた」ということになる。
 この点について、債権者は、債権者出版物及び債務者出版物の書名は、ともに幸福、金銭など価値のあるものが失われたという内容を意味し、両者は観念において類似する旨主張する。しかし、「チーズ」と「バター」で共通するのは乳製品であるという点だけであり、語感やその意味する内容、それから連想されるものは大いに異なる。また、「消えた」と「溶けた」についても、「消えた」という表現からは物体として存在していたものがなくなったという観念が生ずるのに対し、「溶けた」という表現からは個体として存在していたものが液体になったという観念が生ずるものであり、両者の意味するところは異なる。
 さらに、本の装丁についても、債権者出版物と債務者出版物を比べると、債権者の指摘するとおり、書名や著者の表記の順序や字体において類似していることが認められるが、他方で、疎明資料によれば、表紙から裏表紙に続く絵は、チーズとバターの個数や配置、登場するキャラクターの数や配置、色調などにおいて、読者に異なる印象を与えるものであることが認められる。
 したがって、仮に債権者が本件表示を自己の商品等表示として主張できると解したとしても、債権者出版物の書名及び装丁である本件表示と債務者出版物の書名及び装丁とは、類似しないものというべきである。
3 債権者は、読者において債権者出版物と債務者出版物を誤認して購入している事実がある旨主張し、これに沿う疎明資料の記載も存在する。しかし、誤認混同ないし広義の混同として債権者が主張する点については、以下のとおりいずれもこれを認めるには足りない。
(1) 「買い間違い」について
 債権者出版物の書名と債務者出版物の書名は異なり、かつ類似していないことは上記2において判断したとおりであるから、両者を同一のものとして混同することは考えにくい。仮に、債権者出版物を購入するつもりで誤って債務者出版物を購入した者がいるとすれば、それは書名を正確に記憶していないことに由来するものであるし、債権者出版物と債務者出版物を対比して論評するときは、「チーズ」と「バター」や「チーズ…」と「バター…」として引用されており、両者が別の本であることは一見して明らかというべきである。
(2) 「続編と勘違い」について
 疎明資料及び審尋の全趣旨によれば、出版業界ではベストセラーとなった本の類似本が出版されることは珍しくないこと、現に(株)廣済堂出版は債権者出版物の出版後に「チーズはここにあった !」という書名の本を出版したこと、が認められる。
 債権者出版物の書名と債務者出版物の書名が類似していないことは上記2のとおりであり、債務者出版物の書名及び装丁には債権者出版物の続編であることをうかがわせる「続」や「新」といった記載はなく、著者も異なるのであるから、読者において債務者出版物は債権者出版物を踏まえこれにあやかって出版されたとの印象を抱くことはあり得るとしても、債権者出版物の続編であるとの印象を抱くことは考えにくいというべきである。
(3) 「関連性についての誤解」について
 債権者の主張する債権者と債務者道出版との間の資本関係ないし協力関係はいわゆる広義の混同にかかるものであるが、債権者出版物の書名と債務者出版物の書名が類似していない以上、読者において出版元同士の関連性を想起することは通常あり得ない。したがって、類似の本を販売することについての許諾があるとの誤解が生ずることもないといわざるを得ない。
 以上によれば、その余の点について判断するまでもなく、債権者の本件仮処分申立ては理由がない(なお、債務者甲に対する申立てについては、同債務者が債務者出版物の企画、編集、販売につき具体的に関与していることの疎明はないから、この点からも理由がない。)。
 よって、主文のとおり決定する。
〔研  究〕
 「バター」本は「チーズ」本の批判書と債務者が言っていることは、「チーズ」本をパロディ化しようとしたのであろう。その意味では、マンガ同人誌におけるキャラ萌え現象に似ている。好きな キャラクターを登場させて自分のマンガストーリーを展開して遊び、そのようなマンガ本を作ってコミケットで売買し合っている愛好者仲間で流行っている現象である。
 この同人誌の中では、有名なマンガキャラクターの顔や名前を 使っているから、著作権者からのクレームがつき易く、著作権法上は複製や翻案の問題として考えることが可能だが、「チーズ」と 「バター」事件では、その内容を読んでみると、後者は前者の著作物の翻案とはいえないから、著作権問題には親まないように思う。 かといって、本件のように不正競争防止法の事件に親しむかといえばそれもない。債務者の書籍の出版と販売の行為は、決定がいうように、商品等表示の混同を招来するには至るものではないから、不正競争行為に該当しないと考えたことは妥当である。

[牛木理一]