USHIKI INT'L PATENT OFFICE

e-NEWSLETTER


 

 
 
2013年8月1日



 
近 況 雑 感

 

1.毎年8月といえば盛夏の日々がつづく日であるところ、私には格別な月であることは、以前にも書いたことがあります。それは、米国との長い間の戦争に敗れて終った月であり、子供ながらもこれで平和がやってくると、胸をなで下ろしてほっとしたことを思い出します。

 わが国は、昭和20年に入ると全国各地で、米軍機B29の空襲に毎夜のようにあって焦土と化し、8月1日には私の住んでいた新潟県長岡市もご多分にもれなかったし、8月6日,9日には広島市と長崎市には、当時、得体の知れないと言われた新型爆弾が投下されたり、沖縄には米軍が上陸していたのです。

 それから間もなくの8月15日には、わが国は、同年7月26日にわが国に向けて通告されていた“ポツダム宣言”を受け入れ、無条件降伏をしたのです。この日からは、わが国地方都市へのB29による空襲はなくなり、殆んどの国民は笑顔をとりもどすことができたようです。

 

2.日本マンガ学会の第13回の大会と総会が、7月6日・7日に北九州市小倉駅前に完成した「北九州漫画ミュージアム」で開催されましたので、会員である私は出席しました。このミュージアムが開業してから満1周年に当たるとのことで、2つのホテルに隣接したこのビルの半分くらいが、フィギュアや遊技機やアニメ,マンガのフロアーで占められ、作家別に配列されているマンガ本の書架の前には畳部屋もあり、子供も大人も男も女も、好きなスタイルでマンガ本に読みふけっていました。この光景は、京都の国際マンガミュージアムでも見られており、その周りは静寂そのもので、読者の息づかいが聴こえて来そうな雰囲気でした。

 大会では、研究者による個別の報告が、2日間で15組の人々によって部屋を異にして行われましたが、与えられた短い持ち時間の中で、自分の研究をわかり易く発表していたのです。もちろん質問のある人にはそれぞれ答えられていました。

 ところで、この学会の会長は昨年度までの呉智英さんから今年度からは小野耕世さんとなりましたが、いずれも評論家といわれている有名人です。また会員には、夏目漱石の孫の夏目房之助がいますが、マンガ家ではその昔、手塚治虫の「ときわ荘」に出入りしていたという長谷邦夫さんぐらいです。

 一方、日本アニメーション学会の今年の大会と総会は6月15日,16日に練馬区江古田の日本大学芸術学部で行われ、ここでも多くの会員による研究発表がありました。

 さらに私は7月20日に、今年5月2日にオープンした「新潟マンガ・アニメ情報館」へ行って来ました。新潟県は「漫画王国」といわれ、多くの有名な漫画家が誕生していますし、同人誌の作家も作品も多く、毎年「にいがた漫画大賞」のコンクールを開催しています。しかし、その館内の設備や規模はまだまだ貧弱でした。また、ここから大分離れた所には、「マンガの家」という場所があり、ここでは子供らが集まるマンガ教室も毎週開かれています。できれば、この2つの施設が一つにまとまって、より規模の大きいマンガミュージアムに成長することが期待されます。

 

今月の裁判例研究コーナーでは、次の7件について紹介します。

 

(1)化粧品等商品の仕入販売・不当利得返還請求事件:登録商標「ナーナニ

   ーナ」商標権侵害・損害賠償等請求事件:東京地裁平成23年12月16日

   (民40部)判決<請求一部認容>➡F−39

(2)登録商標「ナーナニーナ」商標権侵害・損害賠償等請求事件:知財高裁

   平成25年3月25日(1部)判決<控訴認容/附帯控訴棄却>

   F−39−1

(3)「芸能人の写真」肖像等侵害差止等請求事件:東京地裁平成25年4月26日

   (民29部)判決<認容>➡H−15

(4)登録商標「御用邸」無効審決取消請求事件:知財高裁平成25年5月30日

   (2部)判決<請求棄却>➡G−172

(5)登録商標「御用邸の月」無効審決取消請求事件:知財高裁平成25年5月30

   日(2部)判決<請求棄却>➡G−173

(6)登録商標「KUMA+図形」無効審決取消請求事件:知財高裁平成25年6

   月27日(2部)判決<請求棄却>➡G−174

(7)「漫画各話の作画」著作権侵害損害賠償請求控訴事件:知財高裁平成25

   年6月27日(4部)判決<棄却>➡D−81−1

 

 

4.このHPに掲載されている私の論文,論説には著作権が与えられていますので、無断複製を禁止します。引用される場合には、必ずその出所を明記して下さるようにお願いいたします。 All Rights Reserved.


 
牛 木 内 外 特 許 事 務 所
  弁 理 士  牛   木   理   一
(併設)有限会社 IPビジネスコンサルティング
東京都千代田区神田平河町1番地第三東ビル7F
(JR秋葉原駅東口前)
TEL:03−3866−3503
FAX:03−3866−8319
 e-mail:upat@blue.ocn.ne.jp