USHIKI INT'L PATENT OFFICE

e-NEWSLETTER


 

 
 
2013年1月1日



 
近 況 雑 感

 

1.新しい希望の年を迎えることができ、心よりおめでとうと申し上げます。

 旧年中は公私ともにいろいろとお世話になり、ありがとうございました。今年もご鞭撻のほどをよろしくお願い申し上げます。

 

2.さて、本日より今年の365日が始まりましたが、時間は人の考えや行動を待つことなく黙って過ぎて行きますから、人はその時間を意識して追い越すように行動しなければ、時間に流されておぼれてしまいます。これは、人がどんな職業に就いていようと、どんな仕事をしていようと、同じ体験をするはずです。したがって、人は現在立っている自分の足下をよく認識した上で行動しなければなりません。そして、人がしなければならない事はできるのです。

 しかしまた、その行動の間に立ち止まってしばし休息することも必要であり、これは新しいアイディアを生み出すためにも必要な時間なのです。

 

3.今年は、米国が立案して環太平洋諸国に呼びかけているTPP協定の締結に向けて、わが国政府の新しい行動が注目されるところです。

 その中で、知的財産権に関する米国との交渉は、その具体的な協定案が公けになっていないこともあって、難航することでしょう。著作権の保護期間の延長問題はその一つであり、個人の死後50年から70年への延長が注目されるところです。

 

今月の「裁判例研究コーナー」では、次の4件を紹介します。

(1)登録商標「Foundation Addict」等7件・商標権侵害差止等請求事件:

   東京地裁平成24年9月28日(民46部)判決<一部認容>➡F−35

(2)出願商標「北斎」拒絶審決取消請求事件:知財高裁平成24年11月7日

  (4部)判決<請求認容/審決取消>➡G−156

(3)「立体フェイスマスク」意匠権侵害差止等請求事件:大阪地裁平成24

   年11月8日(21民部)判決<請求棄却>➡A−54 (別紙)

(4)登録商標「SAVOY」不使用取消審決取消請求事件:知財高裁平成

   24年12月5日(4部)判決<請求認容/審決取消>➡G−157

 

 

5.このHPに掲載されている私の論文,論説には著作権が与えられていますので、無断複製を禁止します。引用される場合には、必ずその出所を明記して下さるようにお願いいたします。 All Rights Reserved.



 
牛 木 内 外 特 許 事 務 所
  弁 理 士  牛   木   理   一
(併設)有限会社 IPビジネスコンサルティング
東京都千代田区神田平河町1番地第三東ビル7F
(JR秋葉原駅東口前)
TEL:03−3866−3503
FAX:03−3866−8319
 e-mail:upat@blue.ocn.ne.jp