USHIKI INT'L PATENT OFFICE


 


 
2009年11月1日


 
近 況 雑 感

1.大変申し訳けありません。本欄の11月号の発行が11月9日になってしまいまして。理由は、次のような期限付きの公私の仕事が詰まっていたからです。

 (1) 登録商標「MOSRITE」に関し、最高裁への上告手続後の上告理由書と

       上告受理申立て理由書の作成・提出。

 (2) 登録意匠の無効審判請求が不成立となったことにより、知財高裁に請求した

     審決取消訴訟の準備書面の作成・提出。

 (3) 10月30日に福岡市で開催される久留米大学の社会人公開講座「意匠法

     とその周辺法」のためのP.Pを含むテキストの作成・提出と福岡往復。

 (4) 11月5日に大阪市で開催される日本弁理士会研修所のシンポジュウム「意

     匠法の目的と意匠の類似」のためのP.Pを含むテキストの作成・提出と大阪

     往復。(東京では11月30日に開催される。)

 (5) 11月25日に開催される発明協会研修センター本科講座「意匠権侵害」の

     テキストの見直しと作成・提出。(年1回のこの講座は、30年以上継続して

        いる。)

 (6) 11月6日が期限の特許権の判定被請求に対する答弁書の作成・提出と被

     請求人からの特許無効審判請求書の作成・提出これは、特許権侵害の差止

     め請求の被通告交渉事件が表面化したものだが、被通告人側としては、リニ

        ューアルされた判定制度とはいえ、その実体は変わらないことから、無効審

     判を請求することによりバランスをとった。しかし、依然として判定制度の

        存在意義は問われている。)

 (7) この間、特許出願の明細書を構想を含め何件かまとめている。

 以上は、内輪話であり恐縮です。 

 

2.私は、10月30日に宿泊した福岡市のホテルで、翌朝たまたま見たTVで、故米沢嘉博さんを記念した「米沢嘉博記念図書館」が母校の明治大学の駿河台キャンバス近くにオープンしたニュースを知りました。彼はマンガ評論家としても有名人でありましたが、それ以上にマンガコミックマーケットをわが国に立ち上げ、全国各地にあった同人誌グループを一つにまとめ、毎年、東京でその市場を開催している主催者として著名であるばかりでなく、わが国のマンガ文化のすそ野を広げ、多くの新人作家を輩出していることの貢献人です。

 私は、日本マンガ学会の発足時から会員であるとともに監事をしていることと、著作権部会の部会長であったことから、かつて問題となったサザエ本のような同人誌と著作権問題について彼らと議論したことがあり、彼の死後、前記のような図書館が誕生することも未亡人から聞いていました。

 同大学としては、現在、京都に存在する「京都国際マンガミュージアム」(烏丸御池・館長養老孟司)の向こうを張って、「東京国際マンガ図書館」の開設を同地区に平成26年度にオープンさせようとしているらしいが、これには、早稲田鶴巻町にある内記稔夫さんの「マンガ貸本館」(第一回手塚治虫記念文化賞の特別賞を受けている。)の移転も検討されているといわれています。

 10月30日に福岡から帰郷した私が、その午後、秋葉原から一駅のお茶の水にある明治大学へ出かけたのはもちろんです。

 同日その後、早稲田大学のアカデミー講座に出席し、「著作者と著作権」というテーマの講話を、詩人で弁護士である中村稔先生から聴く予定にしていましたし、聴くだけではなく、尋ねてみたいことが一つありました。

 それは、最近私は、中村先生が30才頃に発表された「宮沢賢治論」(現代作家論全集7.五月書房 昭和33年3月)を、偶然、神田の古本展で発見し購入したからです。凡人には難解な詩を書かれている中村先生に、宮沢賢治を論じた本があるとは驚きでしたから、早稲田へ足を運びたかったのですが、私の足は反対の浅草の小屋の方に向ったのでした。

 木馬亭で久し振りに見たものは、コメディアン「プッチャリン」の元気な舞台姿でした。出し物は、彼が主役のコメディですが、アマチュア芸人のぶっつけ本番のような1回限りの出しもので、つまらない内容でしたが。

 

3.今月の裁判例コーナーでは、次の3件を紹介します。
(1)「成形ロール」出願意匠・審決取消請求事件:知財高裁平成218月
   
31判決<認容・審決取消>→B1−41

(2)チャップリン監督映画著作権侵害差止等事件:知財高裁平成20
   
2月28判決<控訴棄却>/最高裁平成21年10月8日判決<上告棄

   却>→D−64

(3)住宅用警報器拒絶査定事件:知財高裁平成21年10月28判決<棄
   
却>→B1−42

 

4.このホームページに掲載されている私の論文,論説には、著作権が与えられていますので、無断複製を禁止します。引用される場合には、必ずこの出所を明記して下さるようにお願いいたします。 All Rights Reserved.



 
牛 木 内 外 特 許 事 務 所
  弁 理 士  牛   木   理   一
(併設)有限会社 IPビジネスコンサルティング
東京都千代田区神田平河町1番地第三東ビル7F
(JR秋葉原駅東口前)
TEL:03−3866−3503
 e-mail:upat@blue.ocn.ne.jp