2005年6月1日


 
近 況 雑 感




 

1.

5月末に韓国ソウルに行ってきましたが、その際7月1日から施行される「デザイン保護法」の中で新たに登録対象となることになった「書体(typeface)」について取材して来ました。施行規則が発表されていますので、次号には詳細をお知らせします。
 漢字や仮名文字についても対象としていますが、提出すべき文字数や条件について詳しい規定があります。
 しかし、審査基準は未完成であり、タイポグラフィ業界からの特別なヒアリングはないようですから、実際の審査をどうするか、類否判断をどうするのかなどの実務上の課題は残っています。
 ただ、創作された文字書体デザインを保護するという新しい知的財産に対する積極的な保護の姿勢は、わが国特許庁は大いに学ぶべきであると思います。


2.

今月の裁判例のコーナーは、次の2つの意匠権侵害事件を取り上げます。
  (1)「床束」意匠権侵害事件
     大阪地判平成17年1月17日→A-25
  (2)「ゴルフクラブヘッド」意匠権侵害事件
     神戸地判平成17年2月10日→A-26


3.

 このホームページに掲載されている私の論文,論説には、著作権が与えられていますので、無断複製を禁止します。引用される場合には、必ずこの出所を明記して下さるようにお願いします。
All Rights Reserved.