2003年 7月 1日
 


 
近 況 雑 感



 
1.新聞報道によれば、国の知的財産戦略の指針となる推進計画づくりが難航しているということです(朝日15.6.17)。しかし、6月20日に内閣官房の知的財産戦略本部が発表した議事録によると、政府の各省庁の利害が対立している中で、特許審査迅速化法、知的財産高等裁判所の設置、技術系裁判官導入の是非、国際知的財産取引委員会の設置、知的財産の管理・流動化に信託制度の活用などの諸問題はまだ検討中というところです。しかし、7月8日には最終案を示すことになっているようですが、各省庁の調整がうまくいくかどうかです。

2.今回の裁判例研究コーナーでは次の2つの事例と1つの追加事例を紹介します。
(1) 家具用仏壇事件(大阪地判平成14年11月28日)・・・・C1−20
(2) トラック荷台扉開閉用ハンドルの掛金事件(東京地判平成13年 11月30日,東京高判平成14年5月23日)・・・・A−19
(3) MOSRITE商標無効事件(最高決平成15年5月30日)・・・・G−18→登録商標の無効確定

3.拙著「意匠権侵害−理論と実務」の執筆は、目下、大詰めに入っています。期待に反しない力作を提供すべく努力しています。

4.このホームページに掲載されている私の論文,論説には、著作権が与えられていますので、無断複製を禁止します。引用される場合には、必ずこの出所を明記して下さるようお願いします。All Rights Reserved.