USHIKI INT'L PATENT OFFICE

e-NEWSLETTER


 


あなたは番目のお客様です

 
2017年11月1日



 
近 況 雑 感

1.私は本欄において、かつて広島市で開催された日本マンガ学会で会って知っている漫画家こうの史代さんが著作した「この世界の片隅に」の著書とアニメ映画について紹介しましたが、この著書とアニメの舞台は広島市とその近郊であり、昭和20年8月6日の原爆投下時の住民の生活状態を描写したもので、このアニメは日本アカデミー賞最優秀アニメ作品賞を受賞しました。アニメという手段を借りて、人々の現場実写がいろいろなキャラクターの登場によって、戦時下の広島を舞台に展開しているのです。

 私は、朝日新聞10月29日「エンタメ」欄14頁で、このアニメの片渕須直監督と浦谷千恵監督補が、東京大田区にある「昭和のくらし博物館」の小泉和子(1933年東京生まれ)館長と、新著の発売を機に、同館で昔のくらしを話し合ったという記事を読んだのです。本欄で紹介するものは、前記漫画家の名前とアニメ制作監督の名前だけでよいと思いましたが、やはり小泉さんの著書が気になったので、駅近くの書店に行って入手しました。これが「くらしの昭和史」という題名の面白い本だったのです(朝日新聞出版)。前記博物館は、自分の家を改造したものですから、典型的な日本家屋です。

 わが国の昭和史というと、自分の体験では対米戦争を抜きにしては考えられませんが、米軍機の襲来によってわが国民は多大な被害を受けたのに対し、米国民が受けた被害はほとんどなかったといえるのです。

 その米国からトランプ大統領が11月5日に来日します。北鮮に拉致された横田めぐみさんの両親に面会するそうですが、やはり拉致されたが帰還した佐渡の曽我ひとみさんや元米国軍人の夫には、大統領は面会しないのでしょうか。彼は脱走兵だったようですが、帰還させられず拘束されたままだったのです。

 

インターネットで、海賊版漫画がタダ読みできるリーチサイト(誘導サイト)「はるか夢の址」をめぐる著作権違反事件が、新聞などのニュースに登場し、大阪,千葉,福岡など9府県警の合同捜査本部では、元大学院生やIT関連会社代表など9人を、著作権法23条(公衆送信権)の侵害の疑いで逮捕したというのです。(朝日新聞11月1日34頁)

 損害を受けた集英社,講談社,小学館など出版大手6社の被害額は約4142億円ということですが、前記「はるか夢の址」の会員数3200人は毎月19,500件の海賊版リンクを投稿する巨大サイトで、閲覧者数は月約1400万人にも及ぶというのです。サイトを通じてダウンロードされた海賊版は、今年7月までに毎月300万点に及んだといわれています。海賊版には、「NARUTO―ナルト」「ワンピース」「ドラゴンボール」「名探偵コナン」など多数の有名な漫画が含まれていたというのです。

 この辺の問題は、私も会員である日本アニメーション学会の著作権部会あたりで検討しなければならないと思っています。(事務局:東京造形大学)

 

3.今月の「裁判例研究コーナー」では、次の4件について紹介します。

 

(1)登録商標「図形+ZOLLANVARI」商標権侵害差止等事件:大阪地

   裁平成28年12月15日(21民部)判決<請求棄却>/大阪高裁平成29年9月

   21日(8民部)判決<請求棄却>➡F−68

(2)登録商標「図形」無効審決取消請求事件:知財高裁平成29年9月13日

   (1部)判決<請求認容/審決取消>➡G−237

(3)登録意匠「建築扉用把手」無効審決取消請求事件:知財高裁平成29年9月

   27日(1部)判決<請求棄却>➡B2−23

(4)商品形態「重量検品ピッキングカート」不正競争行為差止等請求事件:東

   京地裁平成29年9月28日(民49部)判決<請求棄却>➡C1−77 別紙

 

     

4.このHPに掲載されている私の論文,論説には著作権が与えられていますので、無断複製を禁止いたします。引用される場合には、必ずその出所を明記して下さるようにお願いいたします。 All Rights Reserved.


 
    牛 木 内 外 特 許 事 務 所
  弁 理 士  牛   木   理   一

〒101-0025 東京都千代田区神田佐久間町3丁目27番地
大洋ビル4階(秋葉原駅東口5分)
(併設)有限会社 IPビジネスコンサルティング
TEL:03−3866−3503
FAX:03−3866−8319
 e-mail:upat@blue.ocn.ne.jp